かつらの相場を知っていますか?

薄毛を隠すのに最適なかつら、その相場を知っていますか。ストレスや食生活の悪化で薄毛に悩む人の数は年々増加傾向にあるため、専用の商品や治療法・お店も増えました。それに伴ってかつらもまた手が届くお値段で購入することができるようになったとはいえ、やはりそれなりにお値段はかかるものです。また、安ければよいというわけではなく、目的は薄毛を自然に隠すことです。その相場を知って、メリットデメリットを知った上でどれくらいの予算までなら出せるか、どういったタイプが良いのか考えるようにしましょう。一度購入したらそのままというわけではなく、メンテナンスも必要となる品だけに、トータルでのお値段を考えることも大切です。自分が納得して、満足できるものを手に入れましょう。

タイプ別の相場について知っておこう

すでに毛髪がカットされており、それをそのまま使用する既製品タイプだと安いものだと3千円程度で手に入れることができます。とはいえ、フィット感に欠けるのであまりに安いものだとバレバレです。最もよいのは、頭の型を取ってサイズや髪型をその人にピッタリに作ったフルオーダー品です。その相場は15万から18万円程度まで跳ね上がります。いくつかのサイズやカラーから選べる既製品とフルオーダーの中間的存在のセミオーダーもあります。オーダーのやり方によってかなりお値段は変わってくるのです。もちろん、注文して届くまでの期間も大きく違ってきます。フルオーダーは高すぎてありえないと思っているかもしれませんが、安いものを選ぶと納得できず買い替えしなければならなくなるかもしれません。そうなるより始めから納得いく品を購入した方がトータルで見ると安上がりかもしれないのです。

毛髪の種類によっても違ってきます

かつらでは人間の毛髪を利用した人毛と、化学繊維で作られた人工毛とが使われます。もちろん人工毛の方が安上がりです。人毛の方がもちろん自然な仕上がりですが、人工毛には型崩れのしにくさや変色のしにくさ・乾きやすさといったメリットもあります。どちらかだけを使うというのであればデメリットが見えてきますが、ミックスして使用するという手もあるのです。それならコストを抑えることができ、自毛の自然さは残ります。ミックスの割合によってお値段は上下します。メンテナンスのやりやすさや自然さなど考えて人工毛もうまく活用してやってもよいでしょう。薄毛が一部分のみというのであれば部分用のものにしてもいいでしょう。それだと小さいのでお値段も全頭用に比べて格段に安く、2分の1から3分の1程度となります。